駐車場の施工

駐車場の施工数は自動車の普及と共にあります

私達は生きていく上で様々な活動をします。活動するためには第一に移動する必要があり、基本は人体である足に頼っています。しかし、歩いたり走れば疲労をもたらすだけではなく必ずしも迅速な移動ができる訳ではありません。一層速い移動手段が求められてきた結果、人力車や馬車等が利用された時代を経た現代では自動車が最も普及している移動手段となっています。自動車の普及と共に駐車場の必要性が高まると施工件数が増えました。特に1960年代以降の高度経済成長期を経ると交通量が増えたために適切な駐車場を確保しないと渋滞等の社会的な不都合が生じるようになると、この駐車場の需要に応じるために施工されたのです。その後も駐車場は利便性や立地等の時代に対応した施工が行われています。

社会動向と共に変化します

駐車場の施工の基本は土地の確保です。少なくとも土地さえあれば施工次第で駐車スペースの確保が可能ですから、かつては住宅地として適していない不動産を駐車場として施工工事することが一般的でした。しかし、土地を更に有効に利用するために従来は平地だった駐車場を近年は立体駐車場に転換することが多くなっています。また、駐車場が普及すると利用者への利便性が考慮されるようになりました。駐車スペースが広く取られて清潔感も考慮されて設計するようになった現在、今後は電気自動車の普及と共に充電設備も必要となって行く可能性もあります。一方で炭素排出量の低減に取り組んでいる自動車と同様に、今後の駐車場の施工は屋根に太陽光パネルを設置する等の環境問題に貢献する必要性も高まっていくでしょう。