小口から始められる

注目の不動産投資商品です

みんなで大家さんは投資主が小口の投資をしたものをまとめて、ホテルや商業施設を1棟購入し、運用するというものです。1口100万円で参加できます。投資主には個人だけでなく、運用会社も入ります。そして、この運用会社がある程度のリスクをカバーしてくれます。みんなで大家さんと似た投資商品に上場不動産投資信託があります。不動産に投資をしてそこから得られた収益を分配にまわすといった意味では、みんなで大家さんと上場不動産投資信託は似ていますが、その投資規模、出資の仕組み、流動性において両者は大きな違いがあります。投資規模についていえば、上場不動産投資信託の方がはるかに大きいです。上場不動産投資信託は複数の物件に投資をし、運用をしています。

みんなで大家さんの特徴を知ろう

出資の形として、みんなで大家さんでは、まず運用会社がリスクを負います。そのため、個人投資主の収益がぶれない仕組みがとられているのです。上場不動産投資信託の場合には、皆が同じ立場であるため、リターンとリスクの関係において優先順位はありません。流動性については上場不動産投資信託の方がはるかに高いです。上場不動産投資信託は株式市場で売買されています。そのため証券会社に口座を保有していれば簡単に取引をすることができます。しかし、投資口価格が市場にさらされているため、含み損を抱えることもあり得ます。みんなで大家さんの場合でも、運用会社が買い取ってくれる仕組みがあるため、流動性に心配することはありません。